Hyper-V でファイルレベルの復元を行う(FLRプロキシの設定方法)

フォローする

Hyper-V 環境下でファイルレベルの復元を行うには、FLR プロキシのインストールが必要になります。

 

<注意事項>

  • オリジナルのドライブ名は保持されません。volume0、volume1 などのように表示されます
  • シンボリックリンクは復元されません
  • Windows の GTP ダイナミックディスクはファイルレベル復元のサポート対象外です
  • スパースファイルはシックファイルとして復元されます
  • /dev、/var/spool、/var/run、/proc、/sys フォルダは復元から除外されます
  • CryptnetUrlCache は復元から除外されます
  • クラウドキャッシュをご利用の場合、クラウドキャッシュと FLR が接続されていることを確認します
  • 暗号化されたファイルやボリュームはファイルレベル復元のサポート対象外です

<インストール方法>

  1. Phoenix 管理コンソールにログインします
  2.  任意の Organization に移動し、上部メニューから Protect > Hyper-v を選択します。
  3.  Hyper-v ページで「FLR Proxy」タブを選択します。
  4. 「Add New FLR Proxy」ボタンをクリックします。
  5.  画面が表示されるので、「Download」をクリックし、エージェント(VHD ファイル)をダウンロードします。「Next」をクリックします。
  6.  アクティベーショントークンを生成します。各項目は下記になります。
     Token description:このトークンの説明を記入します。
     This token can activate:このトークンで有効化できるサーバの台数を記入します。
     The token expires in:このトークンの有効期間を記入します。
  7.  「Next」をクリックすると、アクティベーショントークンが生成されます。生成されたアクティベーショントークンをコピーし、メモ帳などに貼り付けます。
  8.  Hyper-V 側で第一世代の仮想マシンを作成し、上部でインストールした VHD ファイルを紐付けます。この際、統合サービスでゲストサービスを許可します。
    ※ ゲストサービスは Windows Server 2008 と 2008 R2 にはありません。
  9.  FLR プロキシを起動し、PuTTy などで接続します。
  10. FLR プロキシに接続したら、ユーザネームとパスワードを入力し、ログインします。デフォルトは下記になります。セキュリティのため、ログイン後にパスワードをリセットしてください。
     username : root
     password : druvaphoenix
  11. ログイン後、Welcome 画面が表示されます。Phoenix Public Cloud を選択します。
  12. 下記の情報を入力します。
    Network Configuration … Static/DHCP か DHCP を選択できます。Static/DHCP を選択した場合、IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、プライマリDNS及びセカンダリ DNS のドメイン、ドメインなどの情報が必要になります。DHCP を選択する場合、プロキシに dhclient が稼働していないことを確認してください。
    Change hostname ... ネットワーク設定後、CentOS のホスト名を変更できます。変更する必要がない場合、エンターキーを押してください。
    Network Proxy Settings ... ウェブプロキシをお使いの場合、「Do you want to use Network Proxy Settings」というメッセージが表示されたら「yes」を入力します。下記の情報を入力します。なお、不要な場合は「No」と入力してください。
     Proxy Type ... サポート対象は HTTP、socks4、socks5 です
     Proxy Server IP ... 有効なプロキシサーバの IP を入力します
     Proxy Port ... 対応するプロキシポート番号を入力します
     Username ... 有効なユーザ名を入力します
     Password ... 有効なパスワードを入力します
    Provide activation token ... 上記の手順 7 で生成されたアクティベーショントークンを入力します。入力後、プロキシは NTP サーバと同期します。デフォルトでは CentOS NTP サーバです。
    Change the time zone ... タイムゾーンを変更します。変更する場合は「yes」を入力し、下記の手順に従ってください。変更しない場合は「no」を入力します。
     1. 大陸のリストが表示されるため、対応する番号を入力します
     2. 国のリストが表示されるため、対応する番号を入力します
     3. 「1」を入力します

 <ウェブプロキシを利用している場合>

  1. PuTTy などで FLR プロキシに接続し、ログインします
  2. 下記のコマンドを入力します。プロキシタイプや IP ポートを自社環境に書き換え、ご利用ください。
    PhoenixHyperVFLRActivate set_proxy_details -t [proxy_type] -i [proxy_IP:port] -u proxy_user -p proxy_password

    例)
    PhoenixHyperVFLRActivate set_proxy_details -t http -i 127.0.0.1:8081 -u admin -p p@$$w0rD
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント