スマートスキャン機能について

フォローする

スマートスキャン機能は、特に大容量データのバックアップを行う場合に活用できる機能です。

通常時は最低限のスキャンだけを行い、特定のタイミングでフルスキャンを行います。

下記の設定は Backup Policy から設定可能です。

<機能詳細について>

smartscan.png

Skip ACL scan for unmodified files
ACL(Access Control Lists / アクセス制御リスト)が更新されていないファイルについて、ACL のスキャンをスキップすることができます。

Only scan files created / modified in the last <number of>months
ファイルが一定期間の間更新されていないファイルのスキャンをスキップします。
※ 3 months と設定した場合、90日間更新されていないファイルをスキャンしません

Full backup schedule
フルスキャン・バックアップを行う頻度を設定します。1週間から最大 24週間の間から選択できます。
なお、開発元では 4週間を推奨しています。
また、フルスキャン・バックアップに使用する最大帯域(Max Bandwidth)やバックアップ継続時間(Duration)、行いたい曜日(Preferred day)を設定できます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント