仮想マシン(VMware)の仮想ディスク単位のリストア

フォローする

仮想マシン(VMware)の復元には3通りあります。フルリストア、仮想ディスク単位の復元、ファイル単位の復元です。ここでは、個別の仮想ディスク単位のリストアの方法についてご説明します。

<手順>

  1. Phoenix 管理コンソールにログインし、左上から該当の Organization を選択します。
  2. 上部メニューより、「Protect」>「VMware」を選択します。
  3. 復元したい vCenter / Hypervisor 名をクリックします。
  4. 「Configured Virtual Machines」タブより、復元したい Virtual Machines 名にチェックを入れ、下部のボタンから「Restore」をクリックします。
  5. 復元したいスナップショットの日付を左の欄から選択し、復元したい Virtual Disk にチェックを入れ、下部のボタンから「Disk Restore」をクリックします。
  6. 下記項目を設定します。
    Destination VMware Setup : ドロップダウンリストより、復元先に指定したい VMware を選択します。
    Backup Proxy Pool :ドロップダウンリストより、バックアッププロキシプールを選択します。復元先に指定したいハイパーバイザーと接続されているバックアッププロキシを含んだバックアッププロキシプールを選択することを推奨しています。
    Destination Hypervisor:ドロップダウンリストより、復元先に指定したい ESXi ハイパーバイザーを選択します。
    Destination Datastore : ドロップダウンリストより、復元先に指定したいデータストアを選択します。
    Computer Resource : 復元先に指定したいホストやクラスター、リソースプールを選択します。このオプションは、スタンドアローンの ESXi に復元される場合は表示されません。
    Folder :復元先に指定したいデータセンター配下のフォルダを選択します。このオプションは、スタンドアローンの ESXi に復元される場合は表示されません。
  7. 設定後、「Next」をクリックします。
  8. 設定を確認する画面が表示されるため、間違いがないことを確認し、「Finish」をクリックします。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント