仮想マシン(VMware)のフルリストア

フォローする

仮想マシン(VMware)の復元には3通りあります。フルリストア、仮想ディスク単位の復元、ファイル単位の復元です。ここでは、仮想マシン(VMware)のフルリストアの方法と概要についてご説明します。

<バックアップ元と同じ場所に復元する場合の概要>

  • バックアップ元と同じ場所に復元する場合、オリジナルの仮想マシンは上書きされます。バックアップされていない新しい VM ディスクがある場合、復元するとこの VM ディスクはデタッチされます。
  • 仮想マシンに独立型ディスクが紐づいている場合、復元後にこのディスクはデタッチされます。
  • 仮想マシンがバックアップされたディスクをデタッチしていた場合、下記の通りリネームされます。
    <オリジナルの VMDK 名>_phoenix_<タイムスタンプ>.vmdk
  • ユーザが作成したスナップショットは、復元後全て削除されます。

<バックアップ元と異なる場所に復元する場合の概要>

  • バックアップ元と同一の vCenter 配下か、あるいは 3.1 バージョンより新しいバックアッププロキシを1つ以上持つ vCenter 配下に復元できます。

<共通手順>

  1. Phoenix 管理コンソールにログインし、左上から該当の Organization を選択します。
  2. 上部メニューより、「Protect」>「VMware」を選択します。
  3. 復元したい vCenter / Hypervisor 名をクリックします。
  4. 「Configured Virtual Machines」タブより、復元したい Virtual Machines 名にチェックを入れ、下部のボタンから「Restore」をクリックします。
  5. 復元したいスナップショットの日付を左の欄から選択し、下部のボタンから「Full VM Restore」をクリックします。
  6. 「Original Location」(バックアップ元と同じ場所に復元)か「Alternate Location」(バックアップ元と異なる場所に復元)を選択します。それぞれの詳細な手順などは下記をご参照ください。

<バックアップ元と同じ場所に復元する手順>

  1. <共通手順>の手順6 にて、「Original Location」を選択し、「Next」をクリックします。
  2. 復元の詳細画面が表示されるので、「Finish」をクリックします。
    ※ Finish をクリックすると、復元が実行されます。
    ※ ただし、バックアップ job が動作している場合、「バックアッププロセスが動作しています。バックアップジョブをキャンセルしますか?」というポップアップが表示されます。「Yes」をクリックした場合、バックアップはキャンセルされます。なお、Job ページでは、キャンセルされたバックアップジョブは PHOENIX 247 エラーとなります。「No」をクリックすると、リストアリクエストはキャンセルされます。
    ※ すでに別の復元が動作している場合、エラーになります。同時に復元作業を複数行うことができないためです。

<バックアップ元と異なる場所に復元する手順>

  1. <共通手順>の手順6 にて、「Alternate Location」を選択し、「Next」をクリックします。
  2. 下記の項目を入力します。
    Destination VMware Setup : ドロップダウンリストより、復元先に指定したい VMware を選択します。
    Backup Proxy Pool :ドロップダウンリストより、バックアッププロキシプールを選択します。復元先に指定したいハイパーバイザーと接続されているバックアッププロキシを含んだバックアッププロキシプールを選択することを推奨しています。
    Destination Hypervisor:ドロップダウンリストより、復元先に指定したい ESXi ハイパーバイザーを選択します。
    Destination Datastore : ドロップダウンリストより、復元先に指定したいデータストアを選択します。
    Computer Resource : 復元先に指定したいホストやクラスター、リソースプールを選択します。このオプションは、スタンドアローンの ESXi に復元される場合は表示されません。
    Folder :復元先に指定したいデータセンター配下のフォルダを選択します。このオプションは、スタンドアローンの ESXi に復元される場合は表示されません。
    Network : 復元先のハイパーバイザーにて選択可能なネットワーク設定を選択します。
    ネットワークアダプターが仮想マシンに紐づいていない場合、Phoenix は VMXNET3 か VMXNET2 を紐付け、復元します。
  3. 上記を記入後、「Next」をクリックします。
  4. 設定を確認する画面が表示されるため、間違いがないことを確認し、「Finish」をクリックします。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント