NAS をバックアップする(NAS Proxy)

フォローする

Phoenix の「NAS Proxy」機能を使用し、NAS をバックアップすることが可能です。

Windows か Linux サーバに Phoenix エージェントをインストールすることで、バックアップすることができます。

※ NAS に Phoenix エージェントをインストールする必要はありません
※ NAS と Phoenix エージェントをインストールしたサーバは同一 LAN 内にある必要があります

 

<手順(Windows の場合)>

1. インストール〜認証

  1. Windows に Phoenix エージェントをインストールします。
  2. 管理コンソールからアクティベーショントークンを生成します。
    任意の Organization を選択し、上部のメニューから「Protect」>「NAS」を選択し、「Add NAS Proxy」を選択します。
  3. 「Add NAS Proxy」ウィンドウが開きます。
    「Next」をクリックします。
  4. 認証トークンの設定を行う画面へと遷移します。下記の情報を入力し、「Next」をクリックします。
    Token description:トークンの説明を記入します。例)「NASプロキシ認証のためのトークン」
    This token can activate : トークンが有効化できるサーバの台数を記入します。
    The token expires in : トークンの有効期限を記入します。
    add_nas_proxy_token.png
  5. 認証トークンが発行されます。こちらをテキストファイルなどにコピーし、使用します。
    なお、このトークンは上部メニュー「Manage」>「Activation Tokens」から閲覧・削除が可能です。
    token_generated.png
  6. Phoenix エージェントをインストールしたサーバにてコマンドプロンプトを起動します。
    NAS proxy をインストールしたディレクトリへ移動します。
    デフォルトでは C:\Program Files\Druva\Phoenix Agent です。
    ※ 上記の作業は管理者権限で行なってください
  7. 下記のコマンドを入力し、アクティベートします。
    PhoenixNasControl.exe activate <token>
    ※<token>には、手順5 で取得したアクティベーショントークンを入力します。<> は不要です。

2. NAS を追加する

  1. 管理コンソールへログインし、任意の Organization へ移動します。
  2. 上部メニューから「Protect」>「NAS」を選択します。
  3. 「Add New NAS Device」をクリックし、項目を入力します。
    IP/FQDN… NAS の IP アドレスかドメイン名を入力します。こちらの項目は後から変更することができません。
    Username… NAS へ接続するために用いるユーザネームを入力します。
    Password… NAS へ接続するために用いるパスワードを入力します。
    Display Name… 管理コンソールで表示する任意の名前を入力します。
  4. 次の「NAS Proxy Mapping」では、登録されている NAS プロキシが一覧で表示されます。
    使用したい NAS プロキシを選択し、「Finish」をクリックします。

3. NAS Share を追加する

  1. 管理コンソールの上部メニューから「Protect」>「NAS」を選択します。
  2. NAS share を追加したい NAS デバイス名を選択し、「Add Nes Share」をクリックします。
  3. NAS Share を追加するウィンドウが開きます。
    下記情報を入力し、「Save」をクリックします。
    Share Name : NAS 共有パスを入力します。NAS デバイスに登録されている共有の公開名である必要があります。
    Windows(SMB)の場合、NAS の共有フォルダ名を指定してください。
    Linux(NFS)の場合、共有フォルダ名までのパスを指定してください。
    例えば root にある「backup」というフォルダをバックアップしたい場合、root/backup と指定します。
    Credentials : SMB 共有の場合のみ必要となります。
     Use NAS credentials : チェックを入れることで、NAS デバイスの認証情報を使用し、NAS 共有にアクセスします
     Username : NAS 共有ごとのアクセス認証情報です。NAS プロキシはこの認証情報を使用し、バックアップおよびリストアを行います。この場合、プロキシは NAS デバイスの認証情報を使用しません。
     Password:同上
    Share Type:Windows 上で NAS 共有を行なっている場合、SMB を選択します。
           Linux上で NAS 共有を行なっている場合、NFS を選択します。
    Administrative Group:NAS 共有を表示する管理グループを割り当てます。管理グループを新規で作成することも可能です。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント