NAS をバックアップする

フォローする

Phoenix を使用し、NAS をバックアップすることが可能です。

Windows か Linux サーバに Phoenix エージェントをインストールすることで、バックアップすることができます。

 

<手順(Windows の場合)>

1. インストール〜認証

  1. Windows に Phoenix エージェントをインストールします。
  2. 管理コンソールからアクティベーショントークンを生成します。
    任意の Organization を選択し、上部のメニューから「NAS」を選択し、「Add New NAS Proxy」を選択することで生成可能です。
  3. Phoenix エージェントをインストールしたサーバにてコマンドプロンプトを起動し、NAS proxy をインストールしたディレクトリへ移動します。
    デフォルトでは C:\Program Files\Druva\Phoenix Agent となっています。
  4. 下記のコマンドを入力し、アクティベートします。
    PhoenixNasControl.exe activate <token>
    ※<token>には、手順2 で取得したアクティベーショントークンを入力します。<> は不要です。

2. NAS を追加する

  1. 管理コンソールへログインし、任意の Organization へ移動します。
  2. 上部メニューから「NAS」を選択します。
  3. 「Add New NAS Device」をクリックし、項目を入力します。
    IP/FQDN… NAS の IP アドレスかドメイン名を入力します。こちらの項目は後から変更することができません。
    Username… NAS へ接続するために用いるユーザネームを入力します。
    Password… NAS へ接続するために用いるパスワードを入力します。
    Display Name… 管理コンソールで表示する任意の名前を入力します。
  4. 次の「NAS Proxy Mapping」では、登録されている NAS プロキシが一覧で表示されます。
    使用したい NAS プロキシを選択し、「Finish」をクリックします。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント